“しょうけいか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
憧憬家50.0%
鐘形花50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
演劇を虚栄している、とでも言おうか、雰囲気でいい心地になってる趣味家ばっかり集っている感じだ。僕には、どうしても物足りない。僕はもう、きょうからは、甘い憧憬家ではないのだ。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
秋にの上部分枝し、小枝端に五せる鐘形花を一ずつけ、大きな鮮紫色美花が咲くが、栽培品には二重咲き花、白花、淡黄花り花、大形花、小形花、奇形花がある。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)