“しゆつりしやうじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
出離生死100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仰ぎ願くは三世十方の諸佛、愛護御手を垂れて出離の道を得せしめ給へ。過去精麗出離生死證大菩提
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
人臣を極め、一門の榮華は何れの國、何れのにもなく、齡六十に越え給へば、出離生死御營、無上菩提の願ひの外、何御不足のあれば、煩惱劫苦の浮世に非道の權勢を貧り給ふ淺ましさ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)