“しゅざん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
珠算66.7%
首山33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おも珠算しゅざんと習字と読本だけ、御新造ごしんぞさんも手伝えば、おばあさんもお手助けをしていた。
生きている軍隊よりもあざやかに、まるで、珠算しゅざんのたまが、一せいに落ちるようであった。
人造人間の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「あれは西湖の王様じゃ、首山しゅざんに猟をなされておるところじゃ」
西湖主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)