“しゅうばつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主罰66.7%
秀抜33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたのお手に掛って死ぬのは本望でございます、永らく御奉公をいたして、御恩を戴いた御主人の妹を連れ出して逃げるような心得違いを致しました右内ゆえ、天罰主罰しゅうばつむくきたって、只今此の所で旦那様のお手にかゝって死ぬのは当前あたりまえでございますが
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
太「うん左様か、実にそれ程までにわしを慕って、今思い掛けなく面会致したが、現在親の手で子を殺すと云うのは如何なる事か、皆これまで非道な行いを致した天罰主罰しゅうばつむくきたってような訳、あゝ親として手前を己が殺すと云うのは実に情ない、手前己を親と思わずに一刀ひとかたなでも怨んで呉れ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
もはや日没ちかく、残光を浴びて山の峯々がかすかに明るく、線の起伏も、こだわらずゆったり流れて、人生的にやさしく、富士山の、人も無げなる秀抜しゅうばつと較べて、相まさること数倍である、と笠井さんは考えた。
八十八夜 (新字新仮名) / 太宰治(著)