“しゅうちん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
袖珍66.7%
臭椿33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か植物のことをたずねた時に、寺田さんは袖珍しゅうちんの植物図鑑をポケットから取り出したのである。
寺田さんに最後に逢った時 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
この時代の珍重すべき武鑑は——もはや武鑑とはいわず『藩銘録はんめいろく』と題されているのだが、わたしの手もとにあるのは明治三年庚午こうご初春荒木氏編輯へんしゅう、御用書師和泉いずみ屋市兵衛、須原屋茂兵衛共同出版の、袖珍しゅうちん十九丁ものである。
武鑑譜 (新字新仮名) / 服部之総(著)
それゆえちょの方を臭椿しゅうちんといい椿ちんの方を香椿こうちんと称えて区別しているがその香椿の支那音がヒャンチンなんです。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)