“しのたまわ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:シノタマワ
語句割合
子曰100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ね、親分、そう聞くと思い当るでしょう。子供は嫌いだからといって、寺子は皆んな断ってしまった癖に、夜は大の男を四五人も集めて“子曰く”の素読の稽古だ」
子曰くや、こそれのうちに、こんな浮世絵草紙を見出したことがお角には、かえって味方を得たように頼もしがられて、皮肉な笑いを浮べながら、窓の光に近いところへ持ち出して
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
世間並のような顔をしていますが、からっきし訳の解らねえ人間で、——こんな野郎でも、“子曰く”をちょっぴり教えて頂いたら少しは人間らしくなろうかと、こう思いましたんで、ヘエ——
どう致しまして、子曰くは、これからはもう流行りませぬな、すべて理詰めで行って大いに利用厚生の道を講ずる、あっちの究理学でなければ夜も日も明けぬ時代が、やがて到来いたしますでな。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)