“しがらみそうし”の漢字の書き方と例文
語句割合
柵草紙100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その次の『柵草紙しがらみそうし』を見ると、イヤ書いた、書いた、僅か数行に足らない逸話の一節に対して百行以上の大反駁を加えた。
鴎外博士の追憶 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
また妹と朱など加へし『柵草紙しがらみそうし』のたぐひ、都へも引きとらまほしく、母ゆるさば、父のいつもおもかげうつし給ひし大きな姿見すがたみもろとも
ひらきぶみ (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)