“さしつかゆ”の漢字の書き方と例文
語句割合
差支100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三条 船数並びに商売銀高ともその限を立つることなし、しかしながら持渡の貨物日本人に応ぜず、は代り品等差支る時は、交易を遂げざる儀も有るべき事。
空罎 (新字新仮名) / 服部之総(著)