“ごじっこん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御昵懇87.5%
御入魂12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「先日、伊勢どのから足を運ばれて、もう御昵懇ごじっこんのあいだだから、何も御遠慮には及びますまい。——御自身、おはなしなされてはどうです」
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「兄左近どのに、引入れられたに違いありませぬ。日野蔵人さまとは、御昵懇ごじっこんの仲……」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「近頃も、筑前とは、よほど御入魂ごじっこんなことであろうの」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)