“こゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
扱入50.0%
木居50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
池水にかげさへ見えてさきにほふ馬酔木の花を袖に扱入れな
あしびの花 (新字新仮名) / 土田杏村(著)
俊成卿はひと云ふ行の「あひ」を草木の和行のに、其の外戀を木居にかける。こんな「いひかけ」が出て來ます。
仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)