“こざっぱ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小薩張50.0%
洒瀟50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小薩張こざっぱりした服装に改めた店員が、ぜんを運んで来た。小おんなのやまは料理を廊下まで取次ぐらしく、襖口ふすまぐちからちらりと覗いて目礼した。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
教えなかったのは私はこんな尾羽おは打ち枯らした貧乏くさい生活をしているのに柳沢はいつも洒瀟こざっぱりとした身装なりをして
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)