“けんすう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
権数50.0%
間数50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りといえども、彼は横井小楠の如く直覚的の活眼を有せず、佐久間象山の如く推歩打算的経綸を有せず、また藤田東湖の如く時勢の潮汐を察して、一世の人心を籠絡する大権数を有せずといえども
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
東へ、西へ、と置場処の間数を示した標杙仄白く立って、車は一台も無かった。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)