“ぎざぎざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
曲折50.0%
稜々50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曲折ぎざぎざに銀をせてる。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
南穂高からは半里で、およそ二時間かかる、頂の広さ十数歩、総て稜々ぎざぎざした石塊、常念峰のような円形のものは一つもない、東隅には方二寸五分高さ二尺の測量杭がたった一本。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)
この近辺を界して、南方の岩石は、藍色末に胡摩塩ごましおを少々振りかけたような斑点、藍灰色で堅緻だから、山稜も従って稜々ぎざぎざして、穂高の岩石と、形質がいささかも違わぬ。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)