“ぎおんまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
祇園町100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私からたずねてよこした再三再四の手紙に対する返事で一向要領を得なかったのでも、それがわかっているし、今度京都に来て、先日こないだから、祇園町ぎおんまちの茶屋で久しぶりにった時にも、それを言うと
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
そして東山の方をずっとまわって祇園町ぎおんまちの通りを少しゆくと、そこに彼女のいた家があるので、その近くの停留場で電車を降り、夏の前しばらくいて勝手を知っている、暗い路次の中に入っていって見たが、門は締っていて
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
PR