“きんれんか”の漢字の書き方と例文
語句割合
金蓮花100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正面にはたまねぎの数珠じゅずがかかっていて、窓には赤と黄との金蓮花きんれんかが飾ってあった。
崖の根を固めている一帯の竹藪たけやぶかげから、じめじめした草叢くさむらがあって、晩咲おそざきの桜草さくらそうや、早咲きの金蓮花きんれんかが、小さい流れの岸まで、まだらに咲き続いている。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)