“きゆうめい”の漢字の書き方と例文
語句割合
糾明100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くに之を引立て、近ければ我家に連れ帰り、打擲をすれどもて物を言はず、且つの下痛める体も無く、何とも仕方無ければ、夜明けて再び糾明すべしとて、に強く縛り附け置きしに
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)