“きゆうかく”の漢字の書き方と例文
語句割合
丘壑100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東北は山又山を重ねて、琅玕玉簾深く夏日のるべきをりたれば、四面遊目に足りて丘壑の富をにし、林泉のめ、又有るまじき清福自在の別境なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)