“きゃくだち”の漢字の書き方と例文
語句割合
客達100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昼は賃仕事に肩の張るを休むる間なく、夜は宿中旅籠屋りて、元は穢多かも知れぬ客達にまでられながらの花漬売帰途は一日の苦労のり銅貨幾箇を酒にえて
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)