“きぶえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
木笛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、ふたりは、に出て行きました。そこで夕飯食卓について、王女づきの女官たちがお給仕に立ちました。そのあいだ、バイオリンだの、木笛だのが、百年まえの古いをかなでました。
眠る森のお姫さま (新字新仮名) / シャルル・ペロー(著)