“きふひ”の漢字の書き方と例文
語句割合
急飛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御月番の御老中へ急飛を差立らるに又天一坊の旅館には山内伊賀亮常樂院赤川大膳藤井左京等密談に及び大坂は餘程なり此處にて用金
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)