“がんぷく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
眼福66.7%
眼幅33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
建築の美を愛するほどの人は、この眼福がんぷくを生涯忘れることが出来ないでしょう。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
丹泉はしきりに称讃してその鼎をためつすがめつ熟視し、手をもっておおいさをはかったり、ふところ紙に鼎の紋様をうつしたりして、こういう奇品に面した眼福がんぷくを喜び謝したりして帰った。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「いや、とんと、眼幅がんぷくの狭い鯨ではありました」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)