“がいろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
外廊50.0%
蓋老50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大堰川をとりいれて、——その中心に祇園精舎にならった毘盧遮那仏の本堂をすえ、塔、楼閣、講堂、山門、七十七の寮舎、八十四外廊、鐘楼、輪蔵池泉、橋、そのほか
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それがしは、黄蓋と古くより親交あり、日頃、兄弟の交わりをなせるものから、蓋老、病床に苦吟しつつ、ひそかに一書を認め、それがしに託して、丞相に気脈を寄せらる。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)