“おうむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鸚鵡99.2%
鸚䳇0.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鸚鵡おうむが人のいうことを真似るように、こんな事をいうようでは、岡村もいよいよ駄目だなと、予は腹の中で考えながら、
浜菊 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
その反対の側には六双の屏風が立てられて居るが赤い花の咲き乱れた梯梧の枝に白い鸚鵡おうむが止って居る画が描かれてあった。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)
したがって『隋書』に〈真臘国カンボジアに浮胡魚あり、その形䱉に似る、嘴鸚䳇おうむのごとく八足あり〉、また『類函』四四九に『紀聞集』を引いて天宝四載広州海潮に因って一蜈蚣をひたし殺す、その爪をきて肉百二十斤を得とあるも、鯨類か鮫類の死体の誤察から出た説だろう。