“おうむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鸚鵡99.2%
鸚䳇0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
書斎のベランダに置かれた鳥籠の中で、薄桃色と青とで彩色ったような鸚鵡が、日光を浴びながら羽ばたきをして、奇声を上げている。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
しかし「わかりません」と鸚鵡返しに言ってのければ、余計に相手の疑を増すことにもなり、それに第一無礼にあたるような気もした。
犠牲者 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
したがって『隋書』に〈真臘国に浮胡魚あり、その形䱉に似る、嘴鸚䳇のごとく八足あり〉、また『類函』四四九に『紀聞集』を引いて天宝四載広州海潮に因って一蜈蚣をし殺す