“いたしおり”の漢字の書き方と例文
語句割合
致居100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初三句は極めてつたなき句なれどもその一直線に言い下して拙きところかえってその真率しんそついつわりなきを示して祈晴きせいの歌などには最も適当致居いたしおり候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
歌よみどもはいたく調ということを誤解致居いたしおり候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)