“あてずっぽう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
当寸法33.3%
当筒砲33.3%
当素法33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ト浄吉ハ云ッタガ、アノ時ハ恐ラク当寸法あてずっぽうヲ云ッタノデ、先見ノ明ガアッタ訳デハアルマイ。
瘋癲老人日記 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
真実まことめかした当筒砲あてずっぽうだよ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
今まで受けたこともないような河獺かわおそえりつき外套や、臘虎らっこのチョッキなどに、お島は当素法あてずっぽうな見積を立てて目の飛出るほどの法外な高値を、何の苦もなく吹きかけたのであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)