“守護”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まもり45.5%
しゆご21.2%
しゅご15.2%
まも15.2%
3.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それらをさちなき柴木のもとにあつめよ、我は最初はじめ守護まもりの神をバーティスタに變へしまちの者なりき、かれこれがために 一四二—一四四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
鄰家となりはと、あなからすこし、はなさきして、のぞくと、おなじやうに、提灯ちやうちん家族みんなそでつゝんでる。たましひなんど守護しゆごするやうに——
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
産土うぶすなかみがあって、生死せいし疾病しっぺい諸種しょしゅ災難等さいなんとう守護しゅごあたってくれればこそ、地上ちじょう人間にんげんはじめてそのその生活せいかついとなめるのじゃ。
そうしてその寝台のすその床の上には、少女よりも心持ち大きいかと思われる棕梠しゅろの毛製の熊が一匹、少女の眠りを守護まもるかのように、黒い、ビックリしたを見開きながら
白菊 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いちゆめ守護町々まち/\
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)