“黄口児”の読み方と例文
読み方割合
こうこうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「貴様の如き黄口児になんでこの袁紹がかれようぞ。いかに嘘を構えても、謀叛心はもはや歴然だ。成敗して陣門にさらしてくれる」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この夏侯惇の眼から見れば若輩孔明のごときは、にひとしい。第一、あの黄口児はまだ実戦の体験すら持たないではないか。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黄口児口吻、ただうておこう。なお聞け孔明、なんじは魏の大帝をさして暗にそのことばをなすのであろうが、天数は変あり、徳ある人に帰す。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)