“鶴松”の読み方と例文
読み方割合
つるまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣家の伏見家からは少年の鶴松も招かれて来て、半蔵の隣にすわった。おふきが炉で焼く御幣餅の香気はあたりに満ちあふれた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
大島では笠利鶴松という女が、さして古い頃の人でないにもかかわらず、島の一個の和泉式部として讃歎せられ、その吟咏は今も記憶せられている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
間もなく、半蔵のあとを追って、伏見屋の鶴松が馬籠の宿の方からやって来た。鶴松も父金兵衛名代という改まった顔つきだ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)