“鳶由”の読み方と例文
読み方割合
とびよし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ガラッ熊、鳶由とびよし左官さかんの伝次——この三人の働きが、いちばんめざましい。鍬をふるい、つるはしを振りかぶり、鋤を打ちこんで、穴は、見るまに大きく掘りさげられてゆく。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「ヤア、石金の小父ちゃんだ! 鳶由とびよしあんちゃんだ! ああ、長屋の細野先生もいる」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
石金、ガラッ熊、鳶由とびよし、細野浪人、この四天王格。先頭にたって。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)