“髯線”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜんせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髯線”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
のみならず、Sylpheジルフェ の女性をそれにもまた男性化しているばかりでなく、再び古愛蘭アイリッシュのような角張ったゴソニック文字で、それには筆者の性別は愚かなこと毛のような髯線ぜんせん一筋にさえ、筆蹟の特徴を窺うことは許されなかったのである。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
PR