“高頭”の読み方と例文
読み方割合
たかとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高頭君の太陽暦年表に拠って換算すると、十一月二十一日となるので、山の展望には少し時期が早いし、雪も浅間にはまだそう積っていない筈であるから
嘉陵紀行 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
朝日岳から牛ヶ岳に至る間にも、二、三ヶ所はこういう所があるであろう。牛ヶ岳は高頭君が清水から登られ、第八回日本山岳会小集会の席上で其話をされた。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
それで高頭君を煩わして之を買占めることに相談を決めたのであるが、さて其後の保存方法や村有である土地のことなどを考えると、土地をも併せて買い取らなくては
思い出す儘に (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)