“高台:うてな” の例文
“高台:うてな”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“高台:うてな”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いやいや、こんどはそっと、華歆かきんへ内意を通じておきましょう。すなわち、華歆をして、一つの高台うてなを造営させ、これを受禅台じゅぜんだいと名づけて、某月吉日をえらび、天子御みずから玉璽を捧げて、魏王にこれをゆずるという、大典を挙げ行うことをお薦め申すべきです」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)