“雕虫”の読み方と例文
読み方割合
ちょうちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一面には従来の文章型を根本から破壊した革命家であったが、同時に一面においてはまた極めて神経的な新らしい雕虫の技術家であった。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
一は全く無心の間事である。一は雕虫の苦、推敲の難、しばしば人をして長大息を漏らさしむるが故である。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
儒教や武家の教養から文芸を雕虫末技視して軽侮する思想が頭の隅のドコかにり着いていて一生文人として終るを何となく物足らなく思わした。
二葉亭追録 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)