“雌蝶”の読み方と例文
読み方割合
めちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雌蝶雄蝶もあったもんじゃないのよ貴方。だいち御盃の縁が欠けているんですもの」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
雌蝶雄蝶酒器は親戚の二人の少女によって運ばれた。仲人夫婦と花嫁と花婿。四人の顔には緊張の色がった。やがて花嫁の前に盃が運ばれた。花嫁は顫える手をもって盃を取り上げた。
血の盃 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
雄蝶雌蝶だなんて、娘達に教えるばかりでも大変ですよ」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)