“雄物川”の読み方と例文
読み方割合
おものがわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうかと思うと秋田県の雄物川すじから、津軽地方までのかなり広い区域で、ただ田植の日の豆の粉握飯、または強飯のような食べ物だけを、コビリノママという例もあるのである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
正月十六日を「にお積み」というのは、羽後雄物川流域などの風である。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
羽後由利郡の本荘西方から、雄物川平原の浅舞横手へ越える峠は、海岸部の方が表口、肥後山鹿の奥岳間村から筑後の矢部へ越える冬野の山道は、複雑していたが肥後の方が表だったと記憶する。
峠に関する二、三の考察 (新字新仮名) / 柳田国男(著)