“陸中”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りくちゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“陸中”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
芸術・美術 > 工芸 > 工芸7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
国の名で申しますと、陸奥むつ陸中りくちゅう陸前りくぜん羽後うご羽前うぜん磐城いわき岩代いわしろの七ヵ国となります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
そこは陸中りくちゅうある海岸であった。
月光の下 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)