“門形角形”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かどなりかくがた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“門形角形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
高い敷居につまかえさず、裾が浮いて、これもするりと、あとは御存じの、あの奥深い、裏口まで行抜けの、一条ひとすじの長い土間が、門形角形かどなりかくがたに、縦に真暗まっくらな穴で。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)