“鋤道”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すきみち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋤道”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——彼はその映画会社の瀟洒しょうしゃな建物を出て、さびれた鋤道すきみちを歩いていると、日まわりの花が咲誇っていて、半裸体で遊んでいる子供の姿が目にとまる。
美しき死の岸に (新字新仮名) / 原民喜(著)