“郿塢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“郿塢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その陣の大将は呂布でなく、董卓誅殺の時、郿塢びうの城へ偽勅使にせちょくしとなって来た李粛りしゅくだった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
郿塢びうの城には、董卓の一族と、日頃養いおいた大軍がいる。誰か進んでそれを掃討してくれる者はいないか」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)