“都度都度”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つどつど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“都度都度”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その奥方に宛てて能登守が毎日のように手紙を書いては送り、奥方からもまたこの道中の都度都度つどつどに音信のあることがわかります。
お松の方でも、程遠からぬ七兵衛の実家を尋ねたということをあまり聞かないのは、尋ねても、その都度都度つどつど行方ゆくえが知れないからでありましょう。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)