“遊行寺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆぎょうじ83.3%
ゆぎやうじ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“遊行寺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして藤沢の遊行寺ゆぎょうじに、数日足を留め、鎌倉へまわって来た所、そこの禅寺で、はからずも自分以上に苦しみもがいている男と出会った。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藤沢——境川にまたがって、大富、大坂の両町。遊行寺ゆぎょうじは一遍上人の四世呑海和尚どんかいおしょうの開山。寺のうしろの小栗堂は、小栗判官照手姫の物語で、誰でも知っている。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
遊行寺ゆぎやうじの前を戸塚の宿の方へ拔けようとすると、道傍に一人の男が休んでゐるぢやありませんか。夜更けのことだし、物騷でもあると思つて、ヒヨイと顏を覗くと、それは相模屋の若旦那榮三郎ぢやありませんか」