“跼:かゞま” の例文
“跼:かゞま”を含む作品の著者(上位)作品数
嘉村礒多1
“跼:かゞま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
社への往復に電車の窓から見まいとしても眼に這入る小石川橋の袂で、寒空にあはせ一枚で乳母車を露店にして黄塵を浴びながら大福餅を燒いて客を待つ脊髓のかゞまつた婆さんを、皺だらけの顏を鏝塗こてぬりに艶裝めかしこんで
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)