“謁者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えっしゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして玉座と謁者えっしゃとの距離も、まったく間近まぢかであったから、正成の姿も、咫尺しせきおそれを、いちばいその背に平たくしていた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)