“藍青”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“藍青”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
濶葉樹かつようじゅのすき間にちらついていた空は藍青らんせいに変り、重なった葉裏にも黒いかげが漂っていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
藍青らんせいにして、黒い牙、赤い毛。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)