“董仲舒:とうちゅうじょ” の例文
“董仲舒:とうちゅうじょ”を含む作品の著者(上位)作品数
佐藤垢石1
“董仲舒:とうちゅうじょ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
漢の董仲舒とうちゅうじょが、ある日窓の幕を下ろし、なにか思索に耽っていると、突然来客があった。
しゃもじ(杓子) (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)