“臍下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいか50.0%
へそした50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“臍下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いまかれは臍下せいかに気をしずめ、先生のバットをさげて立ったとき、はじめて野球の意義がわかった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
さてまた、この次に由緒ある知善院をたずねるのだが、今度こそ胆を抜かれねえように、臍下へそしたに落着けて、たずねて来て見ると、どうでしょう、今度はまた、あんまり見かけがケチなんで
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)