“美人草”の読み方と例文
読み方割合
ひなげし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雄蕋の頭についてゐる二つ重なつたやうな袋はと云ふのだ。そしてその袋の中にはいつてゐる粉は花粉と云ふのだ。丁子や百合や、其他大抵の植物の花粉は黄色だが、美人草のは灰色を