“罷帰”の読み方と例文
旧字:罷歸
読み方割合
まかりかえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長谷川氏に至り候処三沢も参り、種々評議、私は平子と相携へて、大仏に走り、耳塚に上り見候処砲声漸く近く相成り候間、阪兵入京と相成らば、御所にも伺上出可申罷帰
鳥羽伏見の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)