“纓有領巾文光蟹”の読み方と例文
読み方割合
ウナゲルヒレモテルカニ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……その波のいやしく/\に、わぎも子に恋ひつゝ来れば、あごの海の荒磯の上に、浜菜つむ海部処女等が、纓有領巾文光蟹、手にける玉もゆらゝに、白栲の袖ふる見えつ。
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)