“繋船具”の読み方と例文
読み方割合
けいせんぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綱具や通話管や繋船具などの音と動揺や風や疾風や大砲などに交じったその言葉、それも皆勇壮激越な隠語であって、盗賊らの猛悪な隠語に対しては、に対する獅子のごときものである。